品質・こだわり/ 工場認定について

素材 material

おばねやの商品づくりは、畑から始まります。野菜が持つそれぞれの味を活かす為、素材を作るところからこだわり、国産であることはもちろん、出来るだけ地元で作られたものを使用します。時折、畑でおばねやの社長や社員の姿を見かけるのは、地域の生産者と手をたずさえ、美味しい商品をお届けしたいという思いからです。
 

 

安全 safety

毎日の食卓に安心をお届けしていることは私たちの誇りです。有害な化学肥料を使わず、土と水の力で育った野菜、味付けの調味料、工場の衛生管理、異物混入の回避など全力で取り組み、安全を守っていることに自信を持っています。「美味しい」には安全も含まれています。

 

味 taste

「おばねやの商品は野菜本来の味がする」とお客さまから言っていただく事があります。味を決める醤油、塩などを厳選し、様々な工程のタイミングを丁寧に図ります。そして何より、社員が製品に心と愛情を注ぐことで、おばねやの味が出来上がります。

 

 

おばねやの生産工場は下記認定を受けております。

JAS/ Japanese Agricultural Standardの略称。日本農林規格 (全工場)
品位、成分、性能等の品質についてのJAS規格(一般JAS規格)を満たす食品や林産物などに付されます。
製品にJASマークを付けることができる事業者は、登録認定機関(農林水産大臣の登録を受けた機関です。)から、製造施設、品質管理、製品検査、生産行程管理などの体制が十分であると認定された事業者(認定事業者)です。

 

とちぎHACCP(ハサップ)/ 栃木県食品自主衛生管理認証制度 (全工場)
 栃木県食品自主衛生管理認証制度(とちぎHACCP)は、食品の安全性を確保するため、衛生管理の国際標準であるHACCPによる手法を取り入れて基本的な衛生管理を確実に続けることができる施設を認証する制度です。とちぎHACCPは、消費者が安心して安全な食品を選ぶ基準として活用できる制度です

 

FDA/アメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)許可認定 工場登録 (本社工場)
米国で販売される食品、飲料、化粧品、医療機器、薬品、放射線機器、獣医動物関係製品はFDAの管轄にあります。米国でこれらの製品を販売するには事前に、FDAに適切な通知・登録、またはFDAからの許可取得が必要です。
 

FCE-SID/ 登録・認定(工場・商品) (本社工場)
米国FDAは常温保存、無菌加工、低酸性・酸化食品の製造を行う企業に缶詰食品・加工施設登録(FCE)を定めています。製造業者は施設とその製品を米国FDAに登録する義務があり、この登録した物質にFCE(Food Canning Establishment)番号が分け与えらます。また、製造業者は殺菌工程をFDAに申請し、認可(SID(Submission Identifier)認可)